FP無料相談中立

無料なので中立であるか心配、実際は?

画像

FP無料相談を利用した。
    矢印3
保険の商品を紹介された。

 

この人は本当に中立的な立場で物を言っているのか?

 

結局ただの勧誘員に成り下がっているのではないか?

 

 

これは至極当然の考え方であり、正しい警戒姿勢だと思います。

 

全てのFPが中立であるとは限りません。

 

中には保険の勧誘目的のためにFP資格を取ったという人もいますからね。

 

常にこうした疑問を抱いておく事が、自分を守る結果に繋がるかと思います。

 

 

ただ、そうしたFPというのはあくまでも極稀な存在であり、通常は中立的な視点ができるからこそ、FPとして活躍している人が大半を占めています。

 

そのため、疑う姿勢は大切なのですが、ずっと疑ったまま相談依頼をしても、双方気持ちの良くない会合になってしまいかねません。

 

 

何度も言いますが、疑う事は良いのです。

 

ただ、信頼してあげる事も、FP相談では重要なウエイトを占めているのです。

 

 

どういった分野の相談をするのかによって、派遣されてくるFPは異なってきます。

 

これはその筋に詳しいFPを派遣する必要があるため。

 

その筋に詳しいFPとは、その会社が契約している商品の知識を持っているFPのこと。

 

そしてここが重要で「他社の契約商品の知識にも詳しいFPであること」が、より多くの場面で求められています。

 

要は比較できる技術を持ったFPが求められているということですね。

 

 

例えば保険の場合。

 

保険にも色々な種類があります。

 

一度でも契約した事があれば誰でもご理解頂けるかとは思いますが、絶対無二のベストな保険というのは存在していません。

 

そのため、「この保険しかありません」といったおすすめの仕方をしているFPは中立とは言えません。

 

通常のFPであれば、「この保険とこの保険、それぞれのメリットはこんな感じで、それぞれにこの部分があなたにとって微妙です」。

 

言い方は大雑把ですが、内容的にはこうしたアドバイスをしてくるFPがほとんどで、強制をしないというスタンスで中立性を計っている事が多いです。

 

そのおすすめしてくる範囲が自社の商品・提携商品である事が多い。

 

ここをどう判断していくかも重要だと思います。

 

自分の考えでは、あまり良い商品とは思えない。

 

それなのにやたらとおすすめしてくる。

 

この場合は中立性に欠けると判断し、違うFPに相談するのが有効だと思います。

 

 

なかなか難しくはあるのですが、利用する側の主観と知識で中立如何は変化してしまう点にも注意が必要です。

 

あくまでも例なので、実際に保険相談をする際には、複数社の商品を持ってくる事が多く、どちらかを選べ!という選択を迫られる事自体ありません。


【おすすめ!】無料相談できるFPランキング


ランク1

矢印



ランク2

矢印



ランク3

矢印



ランク4

矢印



ランク5

矢印

 


TOPページ 勧誘って本当にない? 相談するメリットって? 医療保険の見直しとは? おすすめNo.1は?