FP無料相談有料違い

無料と有料の相談内容の違いとは?

画像

最近は無料と有料相談の違いが、かなりあやふやになってきています。

 

FP無料相談をお願いしたのに、かなり深いところまで相談に応じてもらい、結果これ以上ないというほどのアドバイスまでもらった。

 

てっきり料金が発生するものと思いきや、無料相談のままで終了した・・・。

 

こういったケースが実に多くなってきています。

 

 

これはそのFPが良い人だった・・・という事ではなく、保険のFP相談等の場合は、始めからFP相談料金を完全に無料に設定している会社が増えてきているため。

 

ただし、保険契約を前提として検討している人だけに行っているサービスである場合が多く、人にとっては保険FP無料相談を受けられない場合もあります。

 

 

基本的にこうしたFP無料相談の場合は、「当社での保険契約を念頭に置いている方のご相談」といったような、分かりやすい利用条件が明記されているはずですので、必ず目を通しておくようにしましょう。

 

 

いきなり特殊なケースでの説明になってしまいましが、最近のFP無料相談はこうした保険タイプの無料相談が多くなっていますので、まずはこうした形態を覚えておくのが現代風だとは思います。

 

 

本来、無料と有料のFP相談の垣根は以下のようなラインを引かれている事が多いです。

 

<FP無料相談>
点 相談できる範囲が予め限定されている。
点 それ以上のアドバイスを必要とする場合には、有料である事が告げられる。
点 それ以上と判断するのはその会社・FPの方針によって異なる。
点 保険のみの相談、証券のみの相談等、カテゴリー別けされている事が多い。

 

<FP有料相談>
点 始めから全ての範囲で相談をする事が可能。
点 全ての範囲を管理する事になるので、初回からベストな指針を示してもらう事ができる。
点 年間契約の場合は、最新のアドバイスを常に得られる事が多い。
 (法律の改正や年利の変更などの情報取得が早くなる)

 

 

結論から言って有料のFP相談をお願いした方が、FPをフル活用できるようになります。

 

しかしあくまでも専門家としての、客観的視点が“一時的に欲しい”という場合には、無料相談で十分事足りることが多いです。

 

 

勿論、FP無料相談だからと言って、手を抜かれる、個人情報を悪用されるといった心配は無用です。

 

個人情報に関しては次回の契約を見越して保有される場合が多いのですが、要望があればすぐにでも破棄してくれます。

 

そして手を抜かれるという事は絶対にあり得ないです。

 

如何にFPの重要性をアピールできるかが、無料相談の醍醐味でもありますからね。

 

ついつい力を入れすぎて、有料の範囲まで手を付けてしまうFPも少なくありません。

 

 

無料・有料、両者の違いを理解しながら、上手に活用していきましょう。


【おすすめ!】無料相談できるFPランキング


ランク1

矢印



ランク2

矢印



ランク3

矢印



ランク4

矢印



ランク5

矢印

 


TOPページ 勧誘って本当にない? 相談するメリットって? 医療保険の見直しとは? おすすめNo.1は?