FP無料相談なぜ

FPに相談すると実際はいくらぐらいかかるの?

画像

FP無料相談で相談できる範囲内は、「無料と有料相談の違いは?」のページで解説していますので、そちらを参照してみてください。

 

 

基本的にFPは有料で相談を行っています。

 

専門的な知識、幅広い認識、そして守秘義務というそれなりの苦労と努力を担って資格を保有している人達なので、どうしても費用が発生してしまいます。

 

相談するだけで費用が取られるなんて嫌だ!

 

こういった考え方を持っている方には、手放しでおすすめする事ができません。

 

FPへの相談料というのは、決して安くはないのです。

 

 

本格的にFPに相談依頼をした場合、大体1万円前後の基本料金が掛かるようになっています。

 

同じFPと言えども、

 

会社に所属しているFP。

 

個人で営業をしているFP。

 

弁護士業務と兼務しながら活動しているFP。

 

等など、どういった窓口から依頼していくのかで、FPに掛かる料金というのは明確に異なってきます。

 

 

例えば利用する人が多い弁護士や税理士にFP依頼をした場合。

 

さすがに法律相談や書類作成時よりは料金が安くなっていますが、1万円前後に設定されている方が少なく、3万円〜5万円で基本的な相談に応じてくれるケースが多くなっています。

 

実際の料金はその会社、事務所によって異なるので、あくまでも目安と考えておいてください。
(安い場合があれば、高い場合もあります)

 

 

一方でFPを専門職としている場合は、1万円前後が多く、中には5,000円が基本料金で、その都度追加料金を徴収している事があります。

 

正にケースバイケースといった形ではありますが、FP専門を生業としている場合には、「見直し料金」というのが普通は存在しています。

 

 

一回目の相談で、ある程度の指針を示してもらう。

 

勿論、これを厳守する必要はありません。

 

人生では収入金額、資産保有の変化、日々移ろい行くものです。

 

こうした変化に応じて、アドバイスの見直しをしてもらう。

 

この料金が大体5,000円程度が平均となっています。

 

 

最近はこうした都度払いが一般化してきていますが、一応主流としては年間契約という料金形態があります。

 

年間2万円のFP契約を結び、一年に2回まで、見直しアドバイスをしてもらう。

 

これ以上の追加料金は一切必要なし。

 

その代わり、毎年2万円支払っていく必要がある。

 

FPが不必要だと判断した場合には、契約を終了する事ができる。

 

 

他にも年間契約料金が発生しつつも、都度の見直し料金が発生したりと、そのFPによって支払い契約内容がまったく異なっているという特徴があります。

 

 

一件毎の相談料は決してそこまで高額ではないのですが、何年も契約した場合には、やはり相談料だけでかなりの費用が出ている感は否ません。

 

しかしタイムリーな情報とアドバイスを得られる事は事実です。


【おすすめ!】無料相談できるFPランキング


ランク1

矢印



ランク2

矢印



ランク3

矢印



ランク4

矢印



ランク5

矢印

 


TOPページ 勧誘って本当にない? 相談するメリットって? 医療保険の見直しとは? おすすめNo.1は?