少しでも残るお金を増やしたいというあなたに!

TOP

【おすすめ!】無料相談できるFPランキング


ランク1

矢印



ランク2

矢印



ランク3

矢印



ランク4

矢印



ランク5

矢印

 

FP無料相談ではどんなことが聞けるの?

01画像

 

FP無料相談とは、ファイナンシャルプランナー(FP)に無料で相談をするという意味になります。

 

このままだとよく分からない・・・。

 

こういった方も多いかとは思いますが、簡単に言ってしまえば「資産・支出管理を無料で相談に乗ってくれる」のがFP無料相談になります。

 

 

横文字なのでどうしても分かりにくい部分がありますが、ファイナンシャルとは「金融(Financial)」という意味になります。

 

企業の会計や財政に関わる場合にも、このファイナンシャルという言葉が使われます。

 

お金やその運営方法に関するスペシャリスト。

 

それがファイナンシャルプランナーという存在なのです。

 

ちなみに読み方はFP(エフピー)と呼称するのが一般的です。

 

 

FPの仕事は主に個人や会社の収入と支出のバランスを精査し、適した管理をアドバイスする事にあります。

 

よく個人用のお仕事と思われてしまいがちなのですが、各企業が専属でFPを雇用しているケースも多く、株や資産(土地や建物等)、保険といったそれぞれが得意な分野に特化しているFPが存在しています。

 

 

個人向けの場合も同様で、持っている資産があまりにも多いと判断される場合には、土地取引の知識を持っているFPが派遣される事があり、証券保有資産が多い場合には、その運営・管理が得意なFPが派遣される事になります。

 

このようにFP無料相談とは、その筋のプロが派遣される事が多く、自分の抱えている資産、そして今後得られるであろう収入を見越しながら、人生設計のフォローをしてくれる存在なのです。

 

 

あまり難しく考えすぎてしまうと、FPという存在が非常に遠くなってしまいます。

 

もっと分かりやすく「自分の資産や収入を未来に繋げるために、無駄を省いてくれる存在」と覚えておくと良いでしょう。

 

 

FPの多くが個人の資産だけではなく、今後抱えるであろう病気や職に関する問題への不安にも対処してくれているのが大きな特徴の一つとなっています。

 

要するに人生設計におけるパートナーとなってくれる存在だということですね。

 

他人にとやかく言われたくはない。

 

自分の個人情報を全て預けるのは不安だ。

 

こういった方も多いかとは思いますが、逆に唯一その不安を共有できる存在がFPという存在でもあるのです。

 

 

勿論、FPには守秘義務が課せられており、個人の資産情報だけではなく、相談内で生じたあらゆる事柄・項目に関して、第三者に漏らす事ができなくなっています。

 

まずは信頼できるFPを探すこと。

 

情報を預けても良いな、と思えるFPと出会うこと。

 

ここが最初のスタートとなるのです。

 

良いFPの見分け方って?

06画像

 

【良いFP】と【悪いFP】。

 

両者は確実に存在し、その正解は人によってまったく異なるという特徴があります。

 

 

『人柄が良かった。』

 

『親身になって相談に乗ってくれた。』

 

だからこの人は良いFP。

 

 

こう判断している人も多いかと思います。

 

しかし私個人としては、あまりおすすめできるFPだとは思いません。

 

別にそういったFPがダメだとは言いませんが、それだけではベストではないと思います。

 

 

基本的にFPという存在は、財産・資産、収入・支出を把握しながら、客観的なアドバイスを行っていく事が仕事になります。

 

勿論、クライアント(依頼主)との個人における信用というのは絶対に欠かせません。

 

ただ、客観的にアドバイスする必要があるので、時に厳しい意見を告げるのもFPの重要な仕事の一つとなります。

 

 

別にこれは叱る、怒るといった事ではなく、無理な事は無理。

 

厳しいのであればその理由を告げる。

 

こういった対応能力が求められているからなのです。

 

 

最近はFPの数が増え、そしてFP相談を依頼する人も以前より格段に増えてきました。

 

その流れから、どうしても気の良いFPを演じる会社や個人が増えてきているのですが、それでFPとして本来の仕事が全うできていない・・・という事態は考えものです。

 

そして実際にこうしたFPが少なくありません。

 

 

FPは指針を示す事が仕事なので、クライアントがアドバイスに従うかどうかというのは、正直あまり関係がありません。

 

再度依頼を受けた場合は、その人が好きに運用した資産を見ながら、また適切なアドバイスを行っていく。

 

どれだけ「あんた使えないFPだよね」と目の前で言われても、現状ベストであろうと思われる選択肢を用意する。

 

実はこうした冷酷な一面、忍耐強い一面を持ち合わせていないと出来ない仕事。

 

それがFPというお仕事でもあるのです。

 

 

そのため良いFPを見分ける時には挨拶や所作といった部分も重要ですが、

 

 

選択肢の幅を如何に多様に広げる事ができるのか。
    
そしてクライアントに選ばせながら、どういったアドバイスで軌道修正させるのか。
(最適ではない選択でも、一緒に選びながらだと共有理解が深まる)
   
最終的にどういったまとめを出してくれるのか。

 

 

この流れが論理的である事が求められます。

 

そしてこの論理が分かりやすく、納得しやすい道程を持っているFPが、良いFPだと言えるでしょう。

 

 

逆に分かりにくい。

 

何が得するのかさっぱりだった。

 

こういうFPは力量の無い、愛想だけの“悪いFP”と言えるでしょう。

おすすめのFP無料相談はココ!

ランク1

矢印